看護師のアルバイトの現状とは? - 認定看護師をねらえ

当サイト作成の経緯(キャリアアップについて)

当サイト「認定看護師をねらえ!」を作成するにあたり、
私自身が認定看護師を目指すか?もしくは転職をするか?でとても悩みました。

一看護師としてのキャリアアップを目指すには、
認定看護師、専門看護師という道があります。

もしくは、大学へ戻り、修士・博士とアップして研究職や教職に。

認定看護師や専門看護師の資格を、
看護師としてのキャリアアップと考える方もいるでしょうし、
職場での役職に従事して管理者としての道を歩むのもキャリアアップです。

では、あなたにとってのキャリアアップとは何でしょうか?

認定看護師や他の資格を持ちたいと考えた時は、
看護師としての発言力であったり、現場の環境問題、
もしくは、看護師としての自分の将来を考えた時ではないですか?

たぶん、当時の私に近い心理状態だと思います。
(ちょっと先輩がコワかったですし・・・)

自分の現状を考えた時に、認定看護師の資格を取得するにも、
現場の理解がないと休職するのも難しいですよね?
貯金もないと結構辛いですよ!!(160万程度あれば)

現場も一人いなくなると大変ですし、
渋い顔をされたことがあるという話も結構聞きます。

結果として、私は資格取得に関して理解がある施設へ転職しました。
面接時にもハッキリとその旨を伝えさせていただきました。

すんなり行きすぎて、ちょっと怖い位でしたが、
それも転職サイトで専門コンサルタントに相談できたからです。
すごく親身になって相談内容を聞いてくれるのでとても安心でした。

もし、悩んでいるのであれば、早めに相談してみませんか?
医療職って自分の悩み事は後回しにしちゃってるんです。
何事も早期に情報収集をした方が断然有利ですよね?
(患者さんの情報収集も)

思い切って登録してみたのが良かったようで、
特に認定看護師を支援してくれる病院情報があるのには、
とってもビックリしました。

でも、注意が必要ですよ!

しっかりと情報収集している会社でないと勧誘ばかりですから。
ちょっと痛い目に合った経験がありますので、
私が自信を持ってご紹介できる有名サイト
この2つだけに登録してしまえば問題ありません!!

accept.png看護のお仕事
・日本最大級の豊富な情報
・逆指名制度で給料・勤務地も選べる
・全国90%以上の医療機関と提携
・キャリアアップ支援金最大5万円プレゼント
・相談だけでもOK!簡単登録たったの1分!


accept.pngナースフル
・看護師登録数最多
・年間10万人以上が利用しているので安心
・プレミアム非公開求人も多い
・東証一部上場企業(リクルート)が運営しているから安心
・簡単登録たったの1分♪



どちらか一方だけでもよいですが情報を比較できないというデメリットがあります。
一方だけを鵜呑みにするのは大変危険です。
できれば2社の情報を比較しながら検討することをおすすめします。

登録料も利用料も、もちろん無料ですし、情報は情報でしっかりと把握してから、
自分で仕事探しをしても全く問題ありません。

有益な情報を把握しないまま、転職してしまのは一番怖いですから、
一度、専門カウンセラーと相談してみてからでもいいのではないでしょうか?

看護師のアルバイトの現状とは?

看護師は離職率が高い職業と言われていて、医療現場でも看護師は出入りが、
とても激しいと言われています。

なぜこのような現象が起きているのかというと、看護師の不足などで看護師一人に対する負担が、
増えてきているからです。

そのために看護師が大きな負担を感じてしまって、職場を辞めてしまうケースが、
増えてきているのです。

この理由の他にも看護師が結婚や出産を期に休暇に入るケースも多く、
出産休暇や育児休暇に入った看護師のカバーをしなければいけません。

1度職場を離れてしまうと、なかなか正規職員として仕事に復帰するのが難しくなってしまいます。

出産をして子育てをしながら正規職員でフルタイム働くのは大変で、
自分にも子供にも負担がかかってしまうのです。

そのような不安をかかえている人におすすめなのがアルバイトとして職場復帰することです。
医療の多様化に伴いアルバイトの求人が増えてきている傾向にあるので、
子育てをしながら自分の空いている時間を有効に活用して働くことができるのが、
アルバイトのメリットです。

アルバイトの現状をよく知っているのが求人サイトの専門スタッフなので、
真剣にアルバイトを探す場合は看護師求人サイトに登録するようにしましょう。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
認定制度とは
必要な教育課程を修了し、ある特定の分野において、熟練した技術と知識を有することを認められた者をいい、次の各項の役割を果たす。
1. 特定の分野において、個人・家族または集団に対して、熟練した技術を用いて水準の高い看護を実践する。(実践)
2. 特定の分野において、実践を通して他の職者に対し指導を行う。(指導)
3. 特定の分野において、職者に対しコンサルテーションを行う。(相談)
試験を受けるための受験資格
1. 日本国の(保健・助産・看護)師のいずれかの免許を有すること。
2. 認定看護師として必要な実務経験があること。
(保健・助産・看護)師の資格取得後、実務経験が通算5年以上であること。 そのうち通算3年以上は特定の分野の経験を有すること。 3. 日本看護協会が認定した教育課程を修了していること。 または、外国において上記と同等と認められる教育を修了していること。
(日本看護協会より一部引用)
Copyright © 認定看護師をねらえ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます